SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

企業がもうけたときに自分ももうかるようにしておく

ホーム>関連ニュース

気になる論説があったので、
ご紹介。

8月、日本政府はたった1日の間に4.5兆円の円売り・ドル買い介入をした。
理由は円高が日本に悪影響を与えるため、というが・・・。

円高で困るのは輸出企業。

そんなに輸出が大事か?

実は、日本の純輸出は、数十年の平均でもGDPの1%に満たない。
※純輸出は輸出額から輸入額を引いたもの。

むしろ、日本は、
石油、
石炭、
食料、
といった重要なもののかなりの割合を輸入に頼っている。

だから、多くの国民にとっては
円高のほうが、
外国のものを同じ日本円でたくさん買えるので
良いのではないか?

また、
1日に4.5兆も出す余裕があるなら
震災&原発被災の対策に使うほうが大事ではないか?

結局、
政府としては、
政治家や官僚に、
政治資金と天下り先を用意してくれる
大企業(輸出企業)のほうが
一般国民より大事、ということ。

それだけでなく増税もしようとしている。

また、マスコミも、
大企業はCM料でお金をたくさんだしてくれるので
こんなことは書けない。
大企業批判をしたら、お金をもらえなくなってしまうので。


そのとおりかも、です。
ワタシとしては、
こうだからといって、
一人で反対運動をやろうという気はないのですが。

日本政府が大企業(輸出企業)の意向で動いているということ、
近いうちに増税、とくに
一般国民にほとんどの負担がかかる消費税を10%にしそうだ
ということ、
逆に企業にかかる法人税は上げそうにもないこと、

これらのことから、
一般国民の立場でいるより、
企業の立場にいたほうが有利と考えられるので

企業の所有権を得られて配当がもらえる
株を買おう、
という考えでいます。
スポンサーサイト

| 関連ニュース | 11時30分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国民年金基金、大丈夫?

ホーム>関連ニュース

気になるニュースがあったので紹介。

自営業者さん向けの国民年金基金について。

財務状況を見てみると、
平成12年度からずっと毎年、
責任準備金不足。

※責任準備金とは
会社が将来の支払いに備えるお金のこと。
保険業法では
責任準備金を積み立てなければならないことになっている。

民間の保険会社なら
責任準備金は金融庁にチェックされるので
積立不足はすぐに解消されるはずなのだが。


大量の団塊世代に
これからお金を払っていかないといけないのに、
ホントに大丈夫なんでしょうか?

ワタシの印象ですが、
リスクが大きいように思えてなりません。

それよりはまだ、
自分で財務状態のしっかりした会社の株に投資して
自分で自分のための年金をつくるほうがいいように思いました。

| 関連ニュース | 11時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリンパスの内部通報

ホーム>関連ニュース

企業と戦うのはつらいかも、という話。

オリンパス社員が2007年に内部通報したことで不当に配置転換された、

ということでこの社員の方は裁判を起こし、

東京高裁で2011年8月31日、逆転勝訴。

オリンパスは最高裁まで裁判をつづけるのかはわからないですが、

ここまで4年もかかってるんですよね。
で、賠償金もたった220万円。

あと、内部通報して不当な扱いをしても企業に罰則はなくて、
個人が裁判を起こすしかないとのこと。

そうすると、
ワタシの考えでは
道徳的にまずい事をしている企業にいたら、
下手に企業と何年も戦うよりも、
やめるのが一番いい、

そのためには
・別の収入をみつける
・節約してくらす
となるのですが、

働きながら別の収入、といっても、

転職はきびしいし、
バイトやネット起業は、
ただでさえ本業で疲れているのにやってられない、

というパターンが多いのではないでしょうか?

そうすると、
いつもの結論になりますが、

株を買っておけば
あとはほとんど働かなくても入ってくる配当の収入を増やす、

というのがいいのかも、ということですね。

Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 12時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

税金のない国

ホーム>関連ニュース

パナソニックを作った人で
『経営の神様』といわれた、
故松下幸之助氏は、

『無税国家論』というものを唱えていました。

これは行政のムダを省き、
お金を余らせるようにして、
その余ったお金を投資し、
そこからの利益で国の支出をまかない、
税金を無料にする、
というものです。

いわば、
『国家版、配当経済的自由を目指そう!』
ですね。

国のような巨大な組織はムリとしても、
町内会くらいの規模でも実現できたら最高ですよね。

ワタシはウチの家計が経済的自由を実現できたら、
似たようなことができないかなと夢を思い描いたりしています。

たとえば、
お金がたまったら、
それを投資して
配当収入を得て、
その収入で慈善活動の資金にするとか。

Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 14時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川島和正、インフレの可能性を指摘

ホーム>関連ニュース

書籍『楽して成功できる 非常識な勉強法』などの著作で知られている
川島和正さんによると、

物の値段の上昇が起きれば、
給料が変わらなくても、
買い物のできる量が減るので
実質、給料が減るようなものだ

という指摘がされています。

物の値段(=物価(ぶっか))の上昇をインフレといいます。

インフレが起きると
誰が得をするかというと、
巨額の借金をかかえる日本政府や、
比較的大きな企業なんですね。

日本政府の場合、
1100兆円の借金をかかえていたとしても
物の値段が上がっていけば、
例えば
消費税は物の値段の5%を取るしくみですから
税収入が増えて、借金を返すのが楽になっていきます。

比較的大きな企業も
インフレで原材料費が上がったから、
という理由で、商品の値上げをして
利益を増やしやすくなります。

インフレを起こすには、
日本政府がお金を大量に借りて使えばいずれ起きます。

それは、
日本政府がお金を大量に使う→
日本国内に大量にお金が出回る→
お金が余っている状態になると
企業は
『前よりもお金が多くなっているから値上げしても払ってもらいやすくなる』
と考えて物の値段を上げやすくなる

という流れが起きる、ということです。

これに対してインフレが起きると困るのは
日本円で貯金をしていたり、
給料や年金などをもらっていて、それがあまり増額してもらえない人たち
です。

こういう人たちは、
インフレが起きた場合に有利な対策をとっておくのがよい、
とワタシは思います。

具体的には、
日本円の貯金のうちいくらかを
有利そうな外国のお金(=外貨)に両替してたくわえておくことや、
歴史的なデータによると、
インフレに強いとされるを買っておくこと
が考えられます。


Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 04時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。