SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■ギャンブルと株と他の投資

ホーム

ここからは、出したお金と戻ってくるお金がちがう世界のお話です。
...φ(。。*)ふーん...

投資とは何?
投資とはギャンブルみたいですね、だいじょうぶ?
株が他の投資にくらべて良い理由は?
証券会社が破綻したら?つぶれたら?だいじょうぶ?
スポンサーサイト

| ギャンブルと株と他の投資 | 16時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資とは何?

ホームギャンブルと株と他の投資

投資とは、
ある物をみた時、
その値段がすごく安いと思えた場合にそれを買い、
そこからもらえるお金でもうけたり、
後でその値段がふつう並みか
それ以上に高くなったりした時に売る、
これをねらうことです。

(`・ω・´)シャキーン ほほう。

当たればもうかりますが、外れたら損します。

(´・ω・`) ショボーン やっぱ、そうなの?

つまり
貯金とちがって出したお金より戻ってくるお金が少なくなることもある、
ということです。

具体的には

アパートの大家さんの仕事=アパートなどを買ったり建てたりして家賃をもらう、
外国のお金、
国債(こくさい)、
金(きん)、
などがあります。

| ギャンブルと株と他の投資 | 16時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資とはギャンブルみたいですね、だいじょうぶ?

ホームギャンブルと株と他の投資

ギャンブル投資はたしかによく似ています。
Σ( ̄□ ̄;)//やっぱ、そうなの?

運まかせに何も考えずに飛び込むとギャンブルと同じと言っていいでしょう。
Σ( ̄□ ̄;)//げげっ!

ギャンブルとちがうところは、一部の投資は、長くやればやるほどもうかる可能性が高まるところです。
Σ( ̄□ ̄;)//なんとっっ!!

ギャンブルはやればやるほど損をする可能性が高まります。
ちなみにおもなギャンブルで一回ごとに損をする割合は
パチンコが掛け金の3%、
競馬が掛け金の25%、
宝くじが掛け金の54%
だそうです。
宝くじ━(-д-;)━!ヒドイ

 ̄ー ̄)つ゛そういえば、パチプロ(パチンコを仕事にした人)は聞いたことありますが、
競馬プロ、宝くじプロ、は聞いたことないな~

パチプロも面白いかな、と思ってネットで調べたら以下のようなサイトにたどりつきました。

パチンコ・パチスロの真実

どこまでが本当か確かめられませんでしたが、興味深い内容でした。
とくに攻略情報の契約の注意点が面白かったですね。
パチンコ・パチスロをされる方は一度見ておかれるといいかも。


 ̄ー ̄)つ゛ギャンブルはほどほどに~

| ギャンブルと株と他の投資 | 16時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株が他の投資にくらべて良い理由は?

ホームギャンブルと株と他の投資

まず、『』は、
アメリカの1802年から2001年までのデータをみると
平均して1年あたり6.9%くらいのもうけになったというデータがあります(ジェレミー・シーゲル氏による)。
この6.9%は物の値段の上昇を差し引いた後の数字です。
また、株はほぼ毎日売り買いされているので手を出しやすいです。


では他の投資はどうなのか、
順番に書きます。


投資信託』は、
株と似ていますが、
お金をプロの運営会社にまかせて増やしてもらう、
という一見ラクチンな方法です。

しかし、
その運営会社がもうからなくなると、
急に終了されることがあります。

ちょうどそのとき、
自分が損をしている状態だったら・・・。
強制的に損を確定させられてしまうんですよね( ̄ー ̄;)

投資信託への投資で有名なブログ『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー』の水瀬さんも
記事『外国株式インデックスファンド放浪記』で、
投資信託で何度もヒドイ目にあった話を書いておられます。
『意外だなぁ』というのが正直な感想です。
ワタシも投信ではヒドイ目にあったクチです。
ワタシのほうは、投信はほぼやめましたが( ̄ー ̄;)

あと、
投資信託は運営会社に手数料を払わないといけないですしね。

ですので、
ワタシは自分で株を買う方を選びます。

ただし、
いくつかの例外はあって、
とくに、
野村外貨MMFという投資信託は
日本円がダメになったときの保険がわりにつかえますし、
日本一大きな証券会社『野村證券』の
看板商品なので、
終了される心配はまずないと考えています。


『外国のお金』は、外国為替(がいこくかわせ)ともいい、
もうかるか、ですが、
これもデータが見つかりませんでした。

また、
経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元さんによると、
外国為替は
ゼロ・サムゲーム
(=参加している人たちの成績を平均したらプラスマイナスゼロになる)
と断言されています。

これがホントなら、
「平均的な成績ならもうからないし損もしない」
ということですね。

先ほどお話しした野村外貨MMFも、
保険がわりには使えるけどもうけるためにはあまり向かないと
ワタシは思います。

また、
2011年最近流行している『FX』も外国のお金の投資です。
FXで何億ももうけた、という話がたまにでてきますが、ゼロ・サムゲームだとすると、10万とか100万とか損して終わった人が何億ももうけた人の反対側にごまんといる、ということになりますね。
 ̄ー ̄)つ゛コワイコワイ
ちなみに、外国のお金は外貨(がいか)ともいいます。


株の『信用取引』は
簡単に言うと、
借金をして株を売り買いする、
ということです。

普通に株を売り買いするだけなら、
最悪、会社がつぶれてしまっても
その株がパーになるだけですが、
信用取引をやっていると、
パーになるだけでなく、
余分な借金を背負うことにもなりかねません。

ワタシはほんの一時期、
やってもうけましたが、
まぐれで勝てただけだと思っていますし、
信用取引が有効な状況というのは
あまりやってこない、
と思っています。


『アパートの大家さんの仕事(不動産)』は、
平均してどれくらいもうかるか調べてみましたが分かりませんでした。
参考までにアメリカの有名な投資家、ロバート・キヨサキさんは日本でアパートなどの大家さんをするのはあまりもうからないと考えておられるようです。
理由は日本の人口はこれから減っていくのでアパートなどを借りる人も減っていくだろうから家賃が入らなくてもうからない、ということのようです。
また、アパートなどを手に入れるには株の何倍ものお金がいりますから、ちょっと手を出しにくいでしょう。
あと、基本的には建物を実際に見に行き、良い管理をしてくれる会社を使うのが普通ですから、手間と自分が見に行ける距離に縛られる、ということもあります。
ロバート・キヨサキ氏の奥さん、キム・キヨサキ氏はその著作の中で、上記の基本を破ったためにトラブルに巻き込まれた話を書いておられます。

さらに、すでに経済的自由を実現したある不動産投資家の方も以下の注意点をあげておられます。
・必要な資金は、ワンルームマンションでも500万円~で、不動産の方が株より多額。
・不動産は購入してしまったら売却は難しい。
・不動産は手間がかかる。高齢になると管理が苦しくなる。


国債(こくさい)』という投資の商品は、
簡単にいうと、日本の国にお金を貸す、ということです。損しにくいといわれていますが、その分あまりもうからないようです。
また、国の借金があまりに増えて返せない、ということが起きると、貸したお金がちゃんと返ってこない=損する可能性があります。


(きん)』は、
何十年ものデータでみると物の値段の上昇並にしかならずあまりもうからないようです。


参考までに、ここでロバート・キヨサキさんについて紹介します。
ロバート・キヨサキさんはハワイ生まれで、作家・実業家・投資家です。
投資は不動産(アパートなどのこと)がもっとも得意とのことです。
不動産投資の得意な人がもうからないと考えているのですから、ワタシも不動産投資はひとまずパスです。

出典:

株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド

株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド

  • 作者: ジェレミー・シーゲル
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2006/07/13
  • メディア: 単行本


参考文献:

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

  • 作者: ロバート キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2001/06/27
  • メディア: 単行本



リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

  • 作者: キム・キヨサキ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本

| ギャンブルと株と他の投資 | 17時12分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

証券会社が破綻したら?つぶれたら?だいじょうぶ?

ホームギャンブルと株と他の投資

会社の株を買うのにまず心配なことは、その会社がつぶれることですよねΣ( ̄□ ̄;)//えっ!?倒産!?
 ̄ー ̄)つ゛起きてしまったらこればっかりはどうしようもないので、事前の対策としては、

・安全そうな会社をえらぶ
・いろいろな会社を小分けにして買う

ということになります。くわしいことはあとで説明しますね。

あと、
株を買った証券会社がつぶれたら(・▽・)?
ということもありますよね。
 ̄ー ̄)つ゛日本の場合、以下のような対策や事例があります。

・証券会社がつぶれて、かつお客の財産を返せなくなった場合、「投資者保護基金」によりお客の財産が1000万円まで返ってくる制度があります。

・証券会社がつぶれた場合、ふつうは、お客の財産と証券会社自身の財産を区別し、管理しているので、仮につぶれても、お客の財産は返ってきます。
くわしく言うと
預り金=「顧客分別金信託(こきゃくぶんべつきんしんたく)」として信託銀行にあずけています。
株等=証券保管振替機構にあずけています。
投資信託(MRFを含む)=お客の持分を証券会社で記録して管理していて、商品ごとに決められている信託銀行等では、その財産を信託財産として会社の財産と分けて管理しています。
という対策がしてあります。

・よくあるパターンは、証券会社がつぶれるところまでいかずに、お客を他の証券会社に移す、というものです。
昔、ジェット証券という会社がありましたが、ここの口座を持っていたら、つぎつぎと証券会社が『ウチは辞めるので今度はこの会社で取引してください』というお手紙が来て、自動的に次の証券会社に口座が移っていきました。
具体的には、
ジェット証券→オリックス証券→マネックス証券、という流れで無事、ひきつぎされました。

もう一つの例では、
千代田証券と山文証券が合併してそしあす証券に→そしあす証券と武蔵証券が合併しむさし証券に
というのもあります。
参考URL:http://www.musashi-sec.co.jp/company/outline.html

香港株の例では、
・岡三オンライン証券が、中国株の商売をやめることになり、
やめるまでの2011/4/18から2011/7/29まで、株を他社に移すのを無料でやってくれることになっています。
ただし、口座に入っている香港ドルは日本円に戻さないといけないです。

(2011/4/25現在の情報です。)

| ギャンブルと株と他の投資 | 17時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。