SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国内格付け機関まで国債格下げ!?

ホーム>関連ニュース

格付投資情報センター(R&I)は2011/11/30、日本国債の格付けを最高ランクのトリプルAから引き下げる方向で見直すと発表。
日本の主要格付け会社が日本国債の格下げ検討に入ったのは初。
米スタンダード・アンド・プアーズは今年1月、米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは8月にそれぞれ1段階引き下げ。
最高ランクを維持している日本の格付け会社が追随すれば、国債の信認低下が加速するかも。

じりじりと日本の財政危機とそれに伴う混乱が近づいている気がします。


Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 14時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

厚労省の年金・医療改革案が明らかに

ホーム>関連ニュース

12月4日、厚生労働省が検討している社会保障制度改革案が明らかになりました。
一部を紹介すると、

・過去の物価下落時に特例で年金額を据え置いた結果、本来よりも2・5%高くなっている支給水準の減額を、平成24年度分から実施
・医療費の窓口負担に100円程度を上乗せする受診時定額負担制度の導入については「引き続き検討」

厚労省は改革案をまとめた後、12月7日に開催される民主党の社会保障と税の一体改革調査会に報告。
政府・与党は、民主党案と厚労省案をもとに、消費税率の引き上げ幅や時期を含めた一体改革大綱素案の年内策定を目指すとのこと。

対策としては要するに、国民の負担は増えそうだからもっと稼ぐか節約するかしないといけない、ってことですね。
ワタシの場合はブログタイトルのとおり株の配当を増やします。


Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 14時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イタリアの緊縮財政策、日本も将来似た事をする?

ホーム>関連ニュース

イタリアのモンティ首相は12月4日、300億ユーロ規模の緊縮財政策を発表。

・労組側は、緊縮策は貧困な労働者や年金生活者に不釣り合いなほど大きな打撃を与えると批判。
しかし、対抗策を示す兆しは見せていない。

・年金のインフレ連動制を廃止
・70歳までの雇用を促すインセンティブを導入
・年金の支給開始年齢を2018年までに引き上げ
・不動産税の再導入
・2012年9月から付加価値税(≒消費税のようなもの)の税率を引き上げ
・ヨットや一部車種などぜいたく品に対する新税も導入
・課税逃れ対策として、1000ユーロを超すキャッシュ取引を禁止
・企業の営業時間を自由化し、競争を促す

日本はイタリアより借金の多さはひどいですから、
日本国債市場で混乱が起き財政危機となると、
イタリアがやるのと同じかそれよりも厳しい政策が実施されるかもしれませんね。

じゃあ、対策は何?と言われると、
やっぱり、
1・もっとお金を稼ぐ(ワタシの場合は株の配当を増やす)
2・節約する
のシンプルな2点につきると思います。

Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 13時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

IMFも日本の金利リスクを警告

ホーム>関連ニュース

2011/11/24国際通貨基金(IMF)は、インターネット上で発表したリポートで、日本の金利は世界最低水準にあるが、急激に上昇するリスクがあると警告。

IMFについては、日本の財務省の人が出向していて、

日本の財政が危ないとIMFに情報発信させる

テレビや新聞などマスコミがそれをあおって報道

増税しないとしょうがない、という世論に誘導

というねらいがある、という話をよく聞きますから、
こういった報道を気にしないという考えもあります。

しかし、IMFが発信したものを海外の投資家も見ている可能性があるわけで、

海外の投資家が、日本が危ない、と思い

日本から資金を大きく引き上げる

という動きがでてしまうと、今回の警告が現実になる恐れもあります。

日本の金利があがっても大丈夫なように備えておくことが、ワタシたちには必要でしょうね。

・変動金利で借金をしている場合は、返済できるよう準備したり、固定金利に切り替えることも考える

・金利が上がって日本が混乱し、株が安くなったときに買える様に準備しておく

・日本の混乱で円安になる可能性も考え、円高のピークだと思うなら外国のお金や株など、日本円以外のもので財産をたくわえておく

などなど・・・。

Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 14時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本国債先物取引市場では

ホーム>関連ニュース

東京証券取引所の統計によると、
日本国債先物取引市場では4割近くが外国人投資家による取引だそうです。

日本の国債の95%は国内で消化されているから大丈夫という意見もありますが、
先物市場で外国人がみんな日本国債を売りに走るようなことがおきれば
金利が上がらないとはいいきれないわけです。

個人的にはやはり、日本の財政危機と混乱には警戒感をもってしまいます。

Yahoo!ブックマークに登録

| 関連ニュース | 14時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。