SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

証券会社が破綻したら?つぶれたら?だいじょうぶ?

ホームギャンブルと株と他の投資

会社の株を買うのにまず心配なことは、その会社がつぶれることですよねΣ( ̄□ ̄;)//えっ!?倒産!?
 ̄ー ̄)つ゛起きてしまったらこればっかりはどうしようもないので、事前の対策としては、

・安全そうな会社をえらぶ
・いろいろな会社を小分けにして買う

ということになります。くわしいことはあとで説明しますね。

あと、
株を買った証券会社がつぶれたら(・▽・)?
ということもありますよね。
 ̄ー ̄)つ゛日本の場合、以下のような対策や事例があります。

・証券会社がつぶれて、かつお客の財産を返せなくなった場合、「投資者保護基金」によりお客の財産が1000万円まで返ってくる制度があります。

・証券会社がつぶれた場合、ふつうは、お客の財産と証券会社自身の財産を区別し、管理しているので、仮につぶれても、お客の財産は返ってきます。
くわしく言うと
預り金=「顧客分別金信託(こきゃくぶんべつきんしんたく)」として信託銀行にあずけています。
株等=証券保管振替機構にあずけています。
投資信託(MRFを含む)=お客の持分を証券会社で記録して管理していて、商品ごとに決められている信託銀行等では、その財産を信託財産として会社の財産と分けて管理しています。
という対策がしてあります。

・よくあるパターンは、証券会社がつぶれるところまでいかずに、お客を他の証券会社に移す、というものです。
昔、ジェット証券という会社がありましたが、ここの口座を持っていたら、つぎつぎと証券会社が『ウチは辞めるので今度はこの会社で取引してください』というお手紙が来て、自動的に次の証券会社に口座が移っていきました。
具体的には、
ジェット証券→オリックス証券→マネックス証券、という流れで無事、ひきつぎされました。

もう一つの例では、
千代田証券と山文証券が合併してそしあす証券に→そしあす証券と武蔵証券が合併しむさし証券に
というのもあります。
参考URL:http://www.musashi-sec.co.jp/company/outline.html

香港株の例では、
・岡三オンライン証券が、中国株の商売をやめることになり、
やめるまでの2011/4/18から2011/7/29まで、株を他社に移すのを無料でやってくれることになっています。
ただし、口座に入っている香港ドルは日本円に戻さないといけないです。

(2011/4/25現在の情報です。)
関連記事

| ギャンブルと株と他の投資 | 17時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://haitou796.blog41.fc2.com/tb.php/106-8df67763

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。