SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

消費税増税しても天下りは残る?

ホーム>関連ニュース

政治経済学者・植草一秀氏によると、

欧州債務危機に便乗して日本政府が財政危機を演出し、消費税増税をねらっている


とのこと。
重要な事実として以下の3つをあげておられます。

1・日本の借金1000兆円に短期債務が含まれている。
これは資金繰りなどを理由とするもので、本来除外するべきもの。
また、地方債務、建設国債など償還に不安のない債務も含まれている。
すると、問題となる赤字国債は391兆円でGDP比80%台に低下する。

2・中央政府だけで647兆円の資産を保有。
資産を考慮に入れると、債務危機でない。

3・日本の経常収支が巨額の黒字を計上し続けている。
経常収支は、国全体の資金バランスを端的に示す指標で、
日本の場合には、財政赤字が100%国内資金で賄われ、その上でさらに資金が余剰であることを示す。


そして、

日本の財政赤字はサブプライム金融危機に伴う現象で、景気が回復すれば大幅に減少する。
現在政府が用意している復興対策で日本経済を浮上させることは十分可能であり、今は景気回復を優先するべき。

財務省は、天下り利権を切らずに消費税増税を実現してしまおうとしている。
この財務省の考えに基づく大増税が景気回復の好機を吹き飛ばしてしまうことが懸念材料。

とのこと。

ワタシは、

・国の借金の金利がちょっと上がっただけで国の予算が組めなくなる恐れがある
・1・の短期債務でも借金は借金、金利が上がると危険ではないか
・2・の647兆円の資産は実際に売りに出すのは困難だという話も聞いている

という点があるので財政危機の恐れも考えて準備しています。

Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

| 関連ニュース | 15時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://haitou796.blog41.fc2.com/tb.php/176-6bfae02e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。