SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

財政悪化で、危機かインフレか、だと思うので対策。

ホーム>関連ニュース

政府は2011年12月24日の閣議で、一般会計総額90兆円となる2012年度予算案を決定。
借金が収入に占める割合は49%で過去最悪。

新規国債発行額は、44兆円。
国債発行を抑える政府の財政健全化目標の大枠は表面上、維持。
政府は2010年6月、「国債費を除く一般歳出と新規国債発行額を前年度以下にする」目標を設定。
上限を超えて事業を行う場合は、財源を用意しなければならない原則も決めている。

ただし、
・東日本大震災の復興経費3.8兆円を特別会計に移した。
・基礎年金国庫負担2.6兆円を『交付国債』を使って国債発行額から外した。
これら「別枠」分を合わせると実質的には過去最大。

交付国債は、発行時点では歳出や借金にカウントされない代わりに、交付を受けた機関から求められれば現金化に応じる必要がある。
政府は、将来消費増税の税収で返すとしたが、増税実現の保証は無い。
あてにならない将来の収入をもとに借金をしたようなもの。

ちなみに
国債費を除く一般会計の支出は68兆円。
うち、
社会保障関係費は26兆円。
地方交付税は16兆円。
八ツ場ダムに国費で56億円。


要するに、財政は実質悪化してるんですね。

このまま財政が悪化すると、

・欧州危機のような混乱が起きる→急激な増税や公共サービスの削減
・借金によって日本円の発行量が増えて円の価値が下がる→国内の物価上昇・円安

のどちらか、あるいは両方がおきる危険性があるとワタシは想定しています。

対策として、
日本円だけで財産をもたずに、投資をして株や外国のお金などで財産をためておく
ということをやっています。


Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

| 関連ニュース | 06時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://haitou796.blog41.fc2.com/tb.php/186-39a710e4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。