SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

情報のとり方・捨て方

情報のとり方・捨て方についてちょっと考えてみました。

現在、わたしたちが”何か知りたい”と思ったら、
インターネット・新聞・テレビ・本・人脈などを活用して、
手間をかけさえすれば
処理しきれないほど非常にたくさんの情報が手に入りますよね。

その中で、できるだけ本当の情報を選び出すにはどうしたらいいでしょうか?

その方法として、ワタシの場合は

以下の条件にあてはまるものほど重要だと仮定して、
その情報を採用するか、切り捨てるか決めています。

1・きちんとした調査結果・データに基づいた情報である
2・情報を発信した人が、その情報に基づいて実績をだしている
3・元ネタ・引用元がある場合にはその出所を示している
4・外国の情報を翻訳した情報である


なぜそうなのか理由を書くと、


1・きちんとした調査結果・データに基づいた情報である
2・情報を発信した人が、その情報に基づいて実績を出している

情報をたくさん調べていくと、ある意見と反対の意見に出会います。
そのとき、

どちらの意見にしたがうのか、それともどちらもまちがっていると判断するのか、

それを決めるのに、

実際に調べた結果や本当に成果が出た、

ということがきちんと書いてあるほうが判断しやすいと思います。


3・元ネタ・引用元がある場合にはその出所を示している

情報をたくさん調べていくと、
同じような意見の情報がいろいろなところから手に入る事があります。
そうすると、

さもそれが多数決的に正しいような気がしてくるものですが、

多数決自体がまちがっていることもしばしばありますし、

元ネタがたった一つのところから出ていることもあり、

しかもその元ネタがまちがっていることもあります。

ですから、
元ネタまでたどって調べる事ができるほうがいい
と思います。


4・外国の情報を翻訳した情報である

とくに本や論文で有効だと思うのですが、

その情報が日本語に訳されて出されるということは、

プロである翻訳者や出版社が、
わざわざ手間をかけて翻訳し、本にするだけの価値がある
と考えたということですから、
全く使い物にならないものは切り捨てられている可能性が高いと思います。

あと、元が米国の本って、日本のものより
”きちんとした調査結果・データ”が多い傾向にあると思います。

注意点としては、
”全米第一位”とか”全米で大反響”とか書いてあるのは
ある一日だけ集計したら”全米第一位”だったというようなトリックが使ってあることもあるので
うたがってみる必要があります。

| 情報のとり方・捨て方 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://haitou796.blog41.fc2.com/tb.php/236-c6bdec10

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。