SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株はいくらから買える?

ホーム株を買うのに必要なお金

は安さだけで探せば1万円以下で買えるものもあります。
でも、そういう会社は成績がものすごく悪いことが多くて、配当がちゃんともらえるか不安なことやつぶれる危険のある会社も多いです。
(´・ω・`) ショボーン

また株を買うときは手数料を取られますが、この手数料は株を買った金額の合計が10万円以下はいくらでも同じ、ということが多いです。
(証券会社と手数料についてはあとで説明します。)

例えば千円の株を買って手数料を百円取られたら手数料を取り返すのに10%もうけないといけないので、苦しいです。
だから、できるだけ10万円以上のお金、しかも、もし損して無くなってもだいじょうぶな、余りのお金を用意して買いはじめるのがいいです。

ちなみに、最初に書いたすごく安く買える株を低位株とかボロ株といいます。
また無くなってもだいじょうぶな、余りのお金を余裕資金(よゆうしきん)といいます。


↓↓(2011/2/8追記)↓↓

証券会社によっては『単元未満株』の取り扱いをしているところがあります。

・マネックス証券「ワン株」
・SBI証券「S株」
・カブドットコム証券「プチ株」
・野村ネット&コール「まめ株」
などです。

これは、ふつう1000株単位など(単元数)でないと買えない株を1株単位で買える、というサービスです。

注意しないといけないのは、
・最低手数料はマネックス証券でも50円必要ですので、あまりに安い株を1株だけ買ってしまうと『手数料分』利益をだすのに苦労する
・ワタシが調べたかぎり、値段を指定して注文(指値注文)ができないので、思わぬ値段で売買してしまう危険がある
ということです。


Yahoo!ブックマークに登録
関連記事

| 株を買うのに必要なお金 | 17時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://haitou796.blog41.fc2.com/tb.php/25-a68a33b9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。