SBI証券の口座は持っておいたほうが良いです。

SBI証券の口座開設は無料です。私がもし、口座を1社しか作れないとしたらここを選択します。「手数料が安い」「取引書類を郵送可能」「会社四季報、スクリーニング、といった株探しの機能が充実」「外国株も購入可能」という長所がたくさんあるからです。口座開設には日数がかかる反面、費用はかからないのですから申し込みは済ませておいたほうが良いです。(2012/11/19現在)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PBRとは?

ホームその株の値段はお買い得か?

PBRとは会社の株の値段を自己資本(じこしほん。簡単にいうと会社のすべての財産から借金を引いた残り)で割った数で、小さいほどお買い得です。
アメリカの1948年から1971年までのデータの平均は1.53倍で、これをひとつのめやすにするといいでしょう(ベンジャミン・グレアム氏による)。
自己資本は会社の決算書やYahoo!ファイナンスの『企業情報』に、PBRは『詳細情報』に出ています。

ここで、ベンジャミン・グレアムさんについて紹介します。
ベンジャミン・グレアムさんは別名『バリュー投資の父』と呼ばれる投資家で、おもに株の値段が株の本当の価値よりすごく安くてお買い得なときに買うことに徹底した人です。
バリューというのは価値という意味で、価値にこだわった、ということですね。
また、世界一のお金持ちの座をマイクロソフトのビル・ゲイツさんとあらそう投資家のウォーレン・バフェットさんの師匠でもあった人です。
(ちなみに、ビル・ゲイツさんとウォーレン・バフェットさんは仲良しです。)

出典:

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

  • 作者: ベンジャミン グレアム
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 単行本


参考文献:

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

  • 作者: メアリー バフェット
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 単行本

関連記事

| その株の値段はお買い得か? | 17時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://haitou796.blog41.fc2.com/tb.php/31-231edc7b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。